葬式で守りたいマナー

身内や仲の良かった人などが不幸にして亡くなってしまった場合には、本当にさびしい気持ちになることでしょう。訃報を聞いて、とても残念に思うとともに葬式やお通夜に参列しなければならないと思ったりすることにもなるのです。そこで葬式に参列する際のマナーについて、知っておきたいものです。
葬式に参列する際には、開始の10分前くらいまでには現地に行っていたいものです。そして受付で袱紗からお香典袋を出して、表書きが受付にわかるように差し出すようにします。表書きは薄墨で記入しておくといいでしょう。そして住所や氏名などを記帳することになります。
葬式の最中には大きな声で話をしたり、世間話をするのは避けるようにしましょう。そして、遺族に挨拶をする際には多くは語らず、黙礼程度にした方がスマートです。また、途中で退席しなければならないときには、はじめから末席にいるようにして、静かに場を離れるようにするようにしましょう。