葬儀と通夜の服装の違い

葬儀と通夜はどちらも誰かが亡くなった時の儀式となっていますが、それぞれで着用していくべき服は異なります。
社会人であれば半ば常識的なマナーですが、新社会人になったばかりの若い人などだと今一つ覚えていないこともあるでしょうから、しっかり覚えておきましょう。
ではそれぞれではどういった服を着れば良いのかと言うと、まず葬儀の場合は言うまでも無く喪服です。
男性ならブラックスーツに白いワイシャツ、黒無地のネクタイが基本で、女性は黒一色のワンピースやスーツが基本となります。
また靴についても黒でなくてはならない、腕時計を着用するならシンプルで華美すぎないものにしなくてはならないといったマナーもありますから覚えておいてください。
これに対して通夜はどうかと言うと、これは喪服で行くのが失礼に当たります。
亡くなられた日から数日経ってから通夜になったということであれば喪服でも失礼には当たりませんが、通夜は「急いで駆け付けました」という服装が最善とされているため、男性はダークスーツ、女性は紺やグレーのスーツかワンピースが基本となります。
間違えた服装で参列するとひんしゅくものですから、忘れないようにしてください。