お葬式に参列するのなら

身内をはじめとして、生活をしていく中で、不幸があることもあります。親しい人が亡くなるということはとても悲しいことでもあるのですが、人の死というのは避けられないものです。ですから、故人を悼み、お葬式に参列するようにします。
お葬式というのは、規模ややり方などもそれぞれ違います。しかしながら、マナーというのは大体似通っています。ですから、それに従って、参列をするといいでしょう。
服装に関しては礼服を着用します。黒の礼服で、男性や黒いネクタイにして、女性も真珠をつけたり、黒いストッキングを履いたりするようにします。そしてお香典はふくさに入れて持参します。バッグなどに関しては、金具などが目立たないものにします。
故人との関係性もあるので、お通夜に参列するという形でもいい場合もあります。親しい人ではやはり葬式に参列したほうが良いのです。お香典に関しては、関係によっても相場が違うので、まわりと相談をしてみるといいでしょう。