こだわりの葬式スタイル

現代社会では、亡くなった人の意思を継いでより個性的なお葬式を行う人が増えてきています。できるだけ簡素なものにしてほしい人のためには、身内のみを集めた家族葬を選ぶケースも少なくありません。経済的にも費用を抑えることにつながり、注目を浴びているのです。その一方、たくさんの友人知人、同僚や上司を招待してオリジナルのお葬式を執り行う家庭もあるのです。
芸術を愛した故人のために祭壇にアートを表現した作品を飾ったり、好きな音楽を会場に流して別れを惜しむなどさまざまな工夫が施されています。他とは異なる独自のアイデアを駆使して亡くなった人への惜別や感謝の気持ちを表現しているのです。このような細部にまでこだわりぬいたお葬式スタイルは、全国各地で広まってきているのです。
人生最後の瞬間を故人らしく盛り上げたいという遺族の気持ちが込められています。列席者からも懐かしい思い出が浮かぶと高い評価を集めている形式といえます。