葬儀では携帯電話を必ず切っておく

葬儀の際に、きちんとした服装、身だしなみ、持ち物、でしっかりときめていたにもかかわらず、ついつい忘れがちなことがあります。それは、携帯電話の電源を入れっぱなしにしている人の姿を時折見かける、ということです。しかも、軽快な音楽や、激しい音楽を着信音にしていてその音が、会場内に響き渡ることがあります。それで、必ず電源を切っておきましょう。もちろん、葬儀の時だからこそいろんな連絡をする必要もありますので電源は入れておいた方が良い、という場合もあります。しかし、その際には周りの人に迷惑にいならないようにマナーモードにしておきましょう。そして、電話がかかってきたときには、葬儀に参加している人から離れて目立たないこところで電話をするのが賢明です。着信履歴を見て、緊急でないような人であれば、葬儀がすんでからゆっくりとかけなおすほうが良いといえるでしょう。ぜひ、良いマナーを示して葬儀に参加するようにしましょう。