葬儀に参列する際の服装マナーについて

葬儀に参列する際には、服装にも覚えておくべきマナーがあります。
まず男性の場合は、黒のフォーマルスーツまたはダークスーツで、白のワイシャツ、黒のネクタイを着用し、靴や靴下は黒色が望ましいです。
また女性は、黒のフォーマルスーツやワンピース、または地味な色のスーツやワンピースが一般的で、ストッキングは黒を着用する場合が多いです。
婚約指輪や結婚指輪はつけたままでも構わないですが、真珠でもイヤリングや指輪は遠慮するほうが良いとされています。
そして葬儀に持っていくバッグは、黒色で小さく、光沢感のない素材のものが一般的で、腕にかけられるハンドバッグは邪魔にならないので便利です。
バッグは動物を連想させる、毛皮やクロコダイル調のものなどは避けるのがマナーだと言われています。
それから葬儀に参列する際の小物ですが、まずハンカチは、黒のフォーマル用や白の無地のものが望ましいです。
また、コートや手袋を着用する場合は黒もしくはグレーが理想で、焼香の際はコートを脱いで、手袋は外すのがマナーです。