お葬式用のフォーマルなバッグは必要です

お葬式への参列の時には、持ち物についても十分に気を配りたいものです。華美な装飾のない手提げタイプのバッグが最も基本的ですので、一つは持っておくことをおすすめします。
革製のバッグはマナー違反ですので、お葬式の式場には持ち込まないことが基本です。材質は布製かナイロン製のものがベターです。もちろん色は黒色となります。
バッグと同時に時計についても気を配る必要があります。バッグが布製であっても時計のベルトが革製であると残念な印象を持たれてしまいます。できればメタルバンドの比較的おとなしめのデザインの時計とするか、そのようなものをお持ちでない場合には敢えて時計をつけないでも良いでしょう。
マナーについては守るべきことが多く面倒に感じられるかもしれませんが、一般的な社会常識としてわきまえているということが重要です。他の参列者の方から見られた時にどう思われるかということに気をつけることも大切です。
もちろん、いちばん大切なのは故人に対する敬意であることは言うまでもありません。