カテゴリー別アーカイブ: 法事

不祝儀袋の表書きの書き方

不祝儀袋の表書きは宗教・宗派によって書き方の作法やマナーが違いますが、どの宗教でも、不祝儀袋は結びきりの水引の物を選び、薄墨の筆で表書きを書きます。
仏式では御香典、教会式では御花料、神式では御玉串料と書きます。
無宗教のお家や、宗教の判らない場合は「御霊前」がどの場合も使えるので覚えておくと良いでしょう。
水引を境にして下半分に贈り主の氏名を書きます。
社名を入れる時は、個人名の右隣に小さく社名を書き、連名の場合は目上の人から順に右から左へと書きます。
大勢の場合は、代表の一名が表に名前を書き、その他は半紙に別で書き中袋に入れます。
新札は避け、肖像が前に来るように中袋に入れ、表側には金額を漢数字で書きます。
一万円の場合は「金壱萬圓」、五千円の場合は「金参千圓」となります。
裏には左下に氏名と住所を郵便番号からマンション名なども略さず書いてください。
地域独特の習慣もありますし、遺族は札の向きなどまで見ないので細かい所を気にする必要はないとする説もありますが、正しいマナーや作法は知っておいて損はありませんから、しっかり覚えておきましょう。