葬式のマナーについて

身内や、知人、上司の不幸で葬式に参列する機会は突然起こります。葬式に参列するマナーや、知識を身に着けておくことで、突然の出来事にも慌てずに、落ち着いて対処できます。マナーを守ることが、故人に対する哀悼の意思で、家族の人に対しても、失礼のないように見送ることが大切です。若い人は、葬式に参列する機会も少ないために、身だしなみ、髪型、服装について、わからないことが多いでしょう。服装は、黒の喪服を身に着け、靴、靴下も黒で統一しましょう。女性は、アクセサリーやストッキングの色に注意が必要です。ストッキングは、黒を履き、肌色は避けましょう。アクセサリーは、イヤリング、指輪、時計は派手なものは外し、身に着けないほうが良いでしょう。結婚指輪や、パールを付けるのがマナーです。化粧は、濃くしないで、ナチュラルメイクで、ベージュ系の薄い口紅をつけるのがマナーです。故人を見送り、失礼のないように派手なものは避けて、故人を偲ぶことが大切です。

葬儀に参列することとなったら、定刻前に会場に着くように心掛け、到着後は受付を済ませます。また、この時に弔電を手渡すため、手にもっておくようにしましょう。その際、香典袋をむき出しのままで持つのはマナーに反するため、注意が必要です。受付では、弔電を手渡しながら「この度はご愁傷様でございます」などのお悔やみを述べた後、芳名帳に記帳します。 翌日の告別式に弔電を渡す予定の場合は、記帳のみで問題ありません。通夜ではご焼香を済ませますが、この時は前の人とあまり間隔をあけないように注意して、静かに、そして速やかにご焼香を済ませます。その後は、係の方の指示に従って行動しましょう。次に告別式ですが、同様に受付を済ませます。ご焼香で遺族の方と顔を合わせても声をかけることはせず、黙礼にとどめましょう。必要がある場合は、式後の挨拶が望ましいです。そして告別式が終わった後に出棺となり、故人を見送ることとなります。余程の用事がない限りは、最期まで見送るようにするのが礼儀です。

<PR>貯蓄 / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / JALカード / 心の童話 / 童話 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策 / アフィリエイト相互リンク / 内職 アルバイト / GetMoney / 家計見直しクラブ / 初値予想